・当webサイトにおける、著作権に対するスタンス


ご承知の通り、当webサイトでは多くの画像を取り扱っています。

『画廊「精霊紀行」』は、各々のジャンルに関わるポスターのレゾネをつくる、そんな思いから立ち上げたものです。
資料性も兼ねた一覧を作るために画像は必須である、と私は考えており、今でもそう思っています。
しかし、web上で画像を取り扱う以上、避けるに避けられない問題があります。それが著作権です。

ここでは、当サイトにおける著作権法に対するスタンスを明記しておきます。






当サイトで取り扱っているポスター(著作物)には、それぞれ著作権が存在しています。
そして、一般的に、それら著作物をweb上で掲示することは著作権違反だとされています。
ですが、原則として著作権違反というものは、著作権を所有する個人・会社などが違反者を訴えた時点で初めて成立します。
もちろん、だからといって「訴えられなければ大丈夫、OK」 という認識で画像を扱っているつもりはありません。

当サイトは著作権法第47条の元に関連する著作物の画像を使用しており、
それによって各作品等を紹介し、広く知ってもらうことを趣旨として運営しています。

ポスターという印刷物は、作品を広く知ってもらうための広告物としての働きが大きいものです。
それらの紹介が、作品自体が知られていくことにも繋がると、私は考えています。



著作権法第47条 (美術の著作物等の展示に伴う複製)

美術の著作物又は写真の著作物の原作品により、第25条に規定する権利を害することなく、これらの著作物を公に展示するものは、観覧者のためにこれらの著作物の解説又は紹介をすることを目的とする小冊子にこれらの著作物を掲載することができる。 




当サイトが画像を扱うにあたって、基本となる部分はここになります。
「解説又は紹介を目的とする」、条文中では小冊子となっていますが、
それを目的とする媒体の一つとして、ネット上のwebサイトにもこの条文は適用できると、私は考えます。
つまり、当サイトで扱うポスターの画像は「著作物の展示に伴う複製」とみなし、
当webサイトの作成は、「これらの著作物の解説又は紹介をすることを目的とする小冊子」の作成に類するものとして運営しています。





あともう一点。
インターネット上に画像を公開するということについて。私はこう考えています。




著作権法第45条 (美術の著作物等の原作品の所有者による展示)

美術の著作物若しくは写真の著作物の原作品の所有者又はその同意を得た者は、これらの著作物をその原作品により公に展示することができる。

2. 前項の規定は、美術の著作品を街路、公園その他一般公衆に解放されている屋外の場所又は建造物の外壁その他一般公衆の見やすい屋外の場所に恒常的に設置する場合は、適用しない。




当webサイトが取り上げているものはポスターです。
ここでは、条文にある「美術の著作物若しくは写真の著作物の原作品」が、「ポスター」にあたると解釈します。

サイト上で取り上げている画像は、すべて私が個人として所有している「原作品(ポスター)」のものです。
上記条文における、「原作品を所有しているもののみを展示する」という点はセーフでしょう。


次いで第2項についてですが、条文内において、「屋外」という単語が使われていることに注目します。
常識から考えて、「屋内」という場所には、自分が入ろうという意思を働かなければ、「そこ」に位置することはできません。
「一般公衆に解放されている屋外の場所又は建造物の外壁その他一般公衆の見やすい屋外の場所」という定義の逆、
つまり、
「予期しない不特定多数の目に触れるような場所」においては公に展示することはできないが、
「自らの意思によって足を運ぶ必要があり、そうしなければ見ることはできない場所」においては展示することができる。
そのように取れないだろうか。

この解釈は、各所にある美術館や画廊ギャラリーなどを想像すれば、分かりやすいと思います。
ある程度隔離された空間の中で、著作物の展示を行なう。
その意味では、インターネット世界でのwebサイト上と、街中の画廊ギャラリーとは共通点がないでしょうか。








長々と書き連ねてきましたが、どんなものでしょう?
「浅い、浅いんだよ考えが」
「都合のいいところだけ取り上げて、都合のいい解釈してるんじゃねぇ」
などなど、思う方もいらっしゃるかと思います。
そんな方は、ここはこう、こうだからお前の解釈は間違っている、と、ぜひとも指摘していただき、持論をご教授願いたい。
私としても、著作権法条文の全部に目は通したものの、まだまだ理解しきれていません。異論・反論はむしろ歓迎します。
メールなり掲示板なりで、ご連絡いただけますと幸いです。





新しくなにか解釈の仕方が出来た場合などは、その都度更新していきたいと思います。



槇村でした。